未分類

レベル4有人地帯での目視外飛行が解禁されました。

上記の各制度が整備されることで、レベル4飛行が可能となりました。
第一種機体認証、一等無人航空機操縦者技能証明書、飛行の許可・承認手続き、各運航ルールの遵守が必要です。

但し、

第一種機体認証された機体はまだありません。メーカーからの受付が開始されただけです。

一等無人航空機操縦者技能証明書の取得のための国家試験日程は未定です。

飛行の許可・承認手続きは、第一種機体認証された機体を買って登録しないと出来ません。

実際にレベル4飛行には、まだまだ時間がかかりそうです。今持っている技術認証は3年程度有効です。飛行許可・承認も今持っている技術認証でレベル3なら取得できます。

のんびり待ちましょう。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です